山村塾国際ボランティア・えがおの森メンバーの活動ブログです。This is the blog of Int'l volunteers in Egaonomorim Kurogi by Sansonjuku.


by egaonomori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第3回山仕事講座

こんにちは!

今月23日と24日に、今年度の山仕事講座を締めくくる、第3回山仕事講座がありました!

今回は第1回と第2回の応用編、つまりは現場に入っての実際の伐木作業でした!

従って、今までとは違い、危険が伴っての作業なので、現場には張り詰めた空気が流れます。。。

今回挑戦するのは、樹齢40年の大木。まだ基礎を覚えたばかりの参加者の方々には、少々ハードルが高いようにも見えましたが皆さん、めげずに頑張っておられました!

まず、今回の現場は平地であるため、木の重心が、バラバラ。それを一つ一つ、どっちに傾いているのか考え、伐倒方向を決めます。そして次はそれらを考慮し、受け口をまずチョークで書き、それに沿ってチェンソーを入れて行きます。最後に追い切りで伐倒方向に水平にチェンソーを入れていき、クサビを打って木が傾いたら退避。このプロセスで伐倒していきます。

なかなか、慣れないと難しい部分もあり、苦戦する場面もありましたが一回倒すと皆さん満足気な表情。この瞬間を求めて参加された方も多いのではないでしょうか。

そして倒した後は枝打ちと玉切りの練習。これもなかなかハードで、終わったあとは汗びっしょり。寒い現場でしたがそれで体がすっかり温まりました。

そして夜は懇談会。四季菜館の美味しい料理を囲み、宴も盛り上がりました。

次の日はひたすら伐木の練習。2日間を通して一人2本は木を倒すことができたようです。

是非、この講習で身につけたスキルを実際の現場で磨いて行きたいものですね!!

                                                     大和田



f0187336_113350100.jpg
[PR]
by egaonomori | 2010-01-29 11:34 | 笠原災害 Disaster | Comments(0)

左義長

こんにちは!!!


今日は先日あった山村塾イベント、左義長について書きたいと思います!!


左義長とは、写真のように竹を高く組み上げ、正月に使ったしめ縄と共に燃やすといったもので、全国的に行われている日本の伝統的行事(地域によって呼び名が変わる)です。f0187336_11394835.jpg



ここ、笠原でも、いくつかの集落が、この日に、同時開催しており、地元では恒例イベントとして親しまれています。


山村塾では、毎年イベントとして行っているのですが、今年は特に参加者が多く、非常に賑わいました!



皆で、団結して前日に用意したすべての竹を組み込んでいくわけですが、なかなか重労働。それが終わった後は、6人の年男、年女が点火します。



一度点火すると、すぐに全体に火がまわり、竹が内部で爆発する轟音と共に燃え上がります。その光景はなかなか幻想的で一度見ると、脳裏に焼きつきます。



昼食は四季菜館特性の七草がゆと鴨そば、鴨のたたきなどで、参加者の方々も非常に満足された様子でした♪
[PR]
by egaonomori | 2010-01-13 08:57 | 笠原災害 Disaster | Comments(0)

第二回山仕事講座

新年明けましておめでとうございます!!

2009年80日ボランティアは無事終了しましたが、これからは農水省の事業、「田舎で働き隊!」で半年間山村塾に来ている私、大和田がこのブログを引き継ぎます!

さて、今日は先月の19.20日にあった、第二回山仕事講座について書きたいと思います。11月にあった第一回山仕事講座に続き、今回はチェンソー編。かなり内容的にも充実していて、専門的でした。

具体的な内容としてはチェンソーの基本操作、メンテナンス方法、目立て(刃研ぎ)、そして応用として受け口作りの練習がありました。

二日間を通してチェンソーに実際に触れて、練習をした訳ですが、感想としてはチェンソーは見た目によらずかなり繊細なんだなあと思いました。特に刃を研ぐ際など、ほんの数ミリ深く研ぐだけで木に食い込み易くなったりキックバック(チェンソーの刃先が跳ね返る現象)が起こりやすくなってしまいます。逆に研がなすぎると木に食い込まなくなり切れなくなります。

従って扱いには最細の注意が必要で、エンジンオイルなどにも気をつかわなければいけません。また伐木作業にしても受け口を作る際、数センチずれるだけで倒れる方向がかなり変わってきます。


豪快に見える伐木作業も、実は繊細なんだと実感。知れば知るほど奥が深くなると思いました。                                                                                                                                     f0187336_8565198.jpg大和田
[PR]
by egaonomori | 2010-01-07 08:57 | Comments(0)