山村塾国際ボランティア・えがおの森メンバーの活動ブログです。This is the blog of Int'l volunteers in Egaonomorim Kurogi by Sansonjuku.


by egaonomori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

また会う日まで。

いや~あっという間の20日間でした。それは、1日1日の時間が濃いからかもしれません。
ワークでは竹林整備、しいたけ菌打ち、農家さん訪問、植林などを行いました。
休日は八女市を観光したり、温泉に行ったり、カラオケに行ったりしました。
20日メンバーはチームワークが良く、こんな自分でもリーダーができました(笑)
自分はメンバーを始め、多くの人達に助けられてきました。逆にいえば、みんなの力を引き出したということになりますが(笑)
でも、メンバー達はこのWCを楽しんでくれて、本当に良かったです。自分も思った以上に楽しめて良かったです。
ただ単に、楽しんだだけではなく、苦しいことも経験した思います。
でも、それを上回るほどの楽しさがあったのだと思います。
昨日のパーティの時にも言ったのですが、「歩く」という漢字は少し止まると書きます。
人生という道を進んでいく時は、走ったり、歩いたりしますが、少し立ち止まってもいい時もあります。
歩いて止まって、歩いて止まって、人はその流れを歩みといいます。
自分はこれを聞いたとき、とてもホッとしたことを覚えています。
少しでもこのことを知ってもらいたいと思い、リーダー、僧侶として言わせていただきました。
では、皆さんの幸せを祈っています。

f0187336_2355215.jpg

離れても相手を想う心があれば繋がっている。

豊国寛隆
[PR]
by egaonomori | 2012-02-28 23:59 | 里山20日 | Comments(0)

さよならパーティ

今日は午前中に20日WCの振り返りを行いました。
皆、農業、環境保護の大切さを身をもって知ることができました。
その大切さを自分の身の回りの人達に伝えていってくれるでしょう。
この環が広がっていけば素敵だなと思います。
さよならパーティでは、メンバー達が自国の国の料理や、得意な料理を作ってくれました。
また、忙しい中お越しくださった地域の方々ありがとうございます。
パーティ中はスライドショー、まつじゅんとグリコによるショートコント!?、自分の細かすぎて伝わらないお坊さんコントなどをやりました。
みんなのおかげで楽しくパーティを過ごすことができました。

f0187336_23123317.jpg

20日間の振り返り。

f0187336_23133380.jpg

20日メンバーによる感想。

f0187336_23144393.jpg

地域の方による感想。

豊国寛隆
[PR]
by egaonomori | 2012-02-28 23:16 | 里山20日 | Comments(0)

クヌギの植林

今日はクヌギの植林イベントです。
目標は405本!
このクヌギは20年後にしいたけの原木になります。
また、植えた山は針葉樹ばかりだったので、クヌギを植えたことによって、生物の多様性が広がったり、台風の被害を軽減させてくれる効果が期待できます。
なかなか手間のかかる作業ですが、このワークが環境保護に繋がっていることはとても嬉しいことです。

f0187336_11232394.jpg

植林のデモンストレーション。

f0187336_11243768.jpg

みんなで植林やってま~す。

f0187336_11261413.jpg

お昼はさつみさん、あやこさん達に作っていただきました。いつも裏から支えてもらっています。

豊国寛隆
[PR]
by egaonomori | 2012-02-28 11:29 | 里山20日 | Comments(0)
3日間農家さんのお宅で農作業のお手伝いをさせていただきました。
受け入れてくださった農家さんたちには、メンバー一同とても感謝しております。
普段の生活の中では、農作業、農家さんとの交流も少ないため、新鮮なことばかりでした。
農家さんにとっても、若い人、外国人との交流はあまり多くないため、お互いにとっていい刺激になったと思います。
メンバーからの体験談を紹介していきたいと思います。
「普段何気なく食べているものが、どのような過程を経て食卓に届いているのかを知ることができて勉強になった。」
「色々な専門分野の方と交流できて、普段では味わえない貴重な経験になった。」
「自国に帰ったら、日本の有機農業の様子を伝えたい。」
メンバーそれぞれ感じるものがあり、前に進んでいるな~という印象を受けました。

f0187336_11381094.jpg

春菊の収穫です。コツを掴むまでが結構難しいです。

f0187336_11393835.jpg

合鴨のエサやり。ニコールは初めて合鴨を見たそうです。

f0187336_1261239.jpg

薪割です。力があるかどうかよりも、力の使い方が重要でした。

f0187336_12102074.jpg

木工職人の奉心さん宅で、器磨き。

f0187336_12125796.jpg

皮はぎのお手伝い。

f0187336_12141153.jpg

しいたけ菌打ちのお手伝い。

f0187336_1221672.jpg

木を磨いています。この木はこいのぼりを支えるものです。

豊国寛隆
[PR]
by egaonomori | 2012-02-25 11:47 | 里山20日 | Comments(0)
3日間連続で行われる里山ミニワーク。
そのうちの1つはしいたけ菌打ちです。
メンバーも何回か経験を積んでいるため、作業はスムーズに進みました。
天候の関係で菌打ちができない時間帯もありましたが、その時間は菌を打った木を運んだり、しいたけを採りにいきました。
3日間で1万個以上の菌を打ちました。

f0187336_23215826.jpg

楽しみながら、でも真剣に取り組んでいます。

f0187336_23251381.jpg

長野の共働学舎から宮嶋さん(真ん中)、ももちゃん(右)、ナイススタッフのまいちゃん(左)が参加して下さいました。

f0187336_23322536.jpg

しいたけ採りをやっています。大きすぎた場合は値が下がってしまうというのは残念。

f0187336_23381196.jpg

雪が降っている中の作業、お疲れ様でした。

豊国寛隆
[PR]
by egaonomori | 2012-02-22 23:39 | 里山20日 | Comments(0)
3日間連続で行われる里山ミニワーク。
そのうちの一つは、棚田の石垣修復。
「石垣を修復したからといって、お金になるわけではない。でも、景観が整うことで、見る人に安心やその光景を提供することができる。」
石垣修復を指導してくださった椿原さんの言葉。
この仕事があったからこそ、出会えた人たちがいる。そして同じ時間を共有することができた。この積み重ねを絆というのだろうか。

f0187336_22541569.jpg

ここから一段一段積み上げていきます。

f0187336_22565594.jpg

初日はここまで進みました。

f0187336_2259884.jpg

二日目は安達先生の指導の元、作業を進めていきました。

f0187336_231845.jpg

ボランティアの数も多く、かなり作業が進みました。

f0187336_2333530.jpg

今日が最終日。あと少しで完成です。

f0187336_2345074.jpg

完成はこの通り、キレイにできました。

f0187336_236262.jpg

メンバーの提案で、ジャンプ撮影。テイク6くらいやったけど・・・

豊国寛隆
[PR]
by egaonomori | 2012-02-22 23:09 | 里山20日 | Comments(0)
今日のイベントは、しいたけ菌打ち。
20日ボランティアメンバーは昨日の予習!?があるのでスムーズに進みました!
しいたけ菌は打ってから約2年の間は、しいたけが出てきません。
クヌギの木に菌が行きわたらないからです。
ちなみに、今の科学技術によれば、どんなキノコでも人工的に作ることが可能になりました。
科学技術の発展は素晴らしいと思う一方、なんでも手に入ってしまうのでは!?という恐さも含んでいると思います。それは人を傲慢にし、自然の恩恵を忘れさせてしまうことに繋がるかもしれません。

f0187336_21544434.jpg

菌打ちのデモンストレーション。

f0187336_2156579.jpg

どんどん菌を打っていきます。

豊国寛隆
[PR]
by egaonomori | 2012-02-12 21:57 | 里山20日 | Comments(0)
今年も里山20日が始まります!
楽しさ9割、不安1割の気持ちがありますが、
メンバー、地域の方々に楽しんでもらえるように頑張っていきます!
それと、メンバーには、農業、環境保護の大切さを肌で感じてもらいたいです。
気になるメンバーは…
埼玉県出身の松崎純平君(まつじゅん)、自分と小学校からの友達です。ホント偶然に会いました!
三重県出身の井上真輔君(グリコ):北海道の大学で畜産の勉強をしています。
東京都出身の永尾まこさん(まこ):上智大学で国際系の勉強をしています。
新潟県出身の梅沢光里さん:インフルエンザのため後ほど合流。みんな待ってるからね。
島根県出身の森川亮さん(りょう):田舎で働き隊として昨年の10月中旬から山村塾で働いています。
韓国出身のコウ・ミンジュさん(ミンジュ):大学で日本語を専攻しています。
フランス出身のアメリさん(アメリ):昨年の11月末から山村塾のボランティアをしています。
アメリカ出身のニコールさん(ニコール):コンピュータ系が強いです。
埼玉県出身の豊国寛隆(ヒロ):20日ワークキャンプのリーダーを務めています。
以上のメンバーで里山20日ボランティアをやっていきます!
活動報告は随時ブログに更新していきます!

f0187336_2151895.jpg

まずは、軽く自己紹介!

f0187336_2164278.jpg

左下からミンジュ、ニコール、まこ、アメリ、グリコ
左上からヒロ、りょう、まつじゅん
なんかリーダーの存在が薄いかも(笑)

豊国寛隆

English ver
Satoyama 20days sutart in Kurogi.
You work hard to get people enjoy to members, regional!
With it, to members, I want to get acquainted with the importance of agriculture and environmental protection.
We are going to volunteer 20 or more members of the Forest in the!
Activities will continue to update the blog at any time!

Hirotaka Toyokuni
[PR]
by egaonomori | 2012-02-09 20:25 | 里山20日 | Comments(0)

郷土料理のすすめ!

今回のイベントは郷土料理や普段使っている調味料について学びました。
今回の講師陣は、椿原さん(四季菜館 http://www.h3.dion.ne.jp/~sannsonn/sikisaikan.htm)
能美さん(能美農園 http://nomi-farm.com/)
靏久(産直やくらし産直や蔵肆 http://www.kurashi.jp/)さんです。
旬の食材を使って、漬物やだご汁を作りました。
また、良い調味料(添加物が含まれていない)もののメリットなどを教えてもらいました。

添加物を加えることによって、人間の味覚はかなりごまかされてしまいます。
不味いものもおいしいものに変わってしまいます。
化学の進歩はスゴイと思いますが、使い方を誤れば大きなしっぺがえしが返ってくるのだなと思いました。

f0187336_1882836.jpg

漬物の材料を収穫。

f0187336_1892319.jpg

こんなに大きなしょうごういんダイコンが採れました!

f0187336_18121723.jpg

漬物の仕込み。

f0187336_18133457.jpg

今晩の夕食作りです。

f0187336_18155912.jpg

靏久先生による調味料の講義。

豊国寛隆
[PR]
by egaonomori | 2012-02-03 18:18 | Comments(0)