山村塾国際ボランティア・えがおの森メンバーの活動ブログです。This is the blog of Int'l volunteers in Egaonomorim Kurogi by Sansonjuku.


by egaonomori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2012年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

お茶摘みなど

今日も宮園さんと一緒に茶畑でのワークでした。昨日の続きでかぶせをしたほか、お茶摘みもしました。
お茶摘み…と聞くと、富士山の麓の広大な茶畑で、麦藁帽子をかぶったおばちゃんたちがせっせと手で摘んでいくようなイメージしかなかった私ですが、実際は機械を使いました。
畝の丸みに沿った形状の機械を福夫さんとさつみさんの二人で両サイドから持ち、畝の上を滑らせるようにして摘んでいきます。その機械には写真のような大きな布製の袋が取り付けられていて、機械が移動するのに合わせて私がその袋を後を追うようにして運んでいきました。袋は重くなるわ、風が入るわでなかなか簡単にはいきませんでした。
最終的に今日は150㌔くらい摘みました。摘んだお茶は茶工場まで運んでいきます。工場の中は摘みたてのお茶の葉のいい香りでいっぱいでした。
かぶせにしろお茶摘みの袋にしろ、今日はひも状のものを結ぶとか棒にくくりつけるということを沢山しましたが、結び方にもいろいろな方法というか工夫があって、せいぜい蝶々結びとかしか知らなかった私はちょっと苦労しました。
梅澤光里
f0187336_21134182.jpg
f0187336_21131397.jpg
f0187336_2113070.jpg
f0187336_21124556.jpg

[PR]
by egaonomori | 2012-04-29 21:11 | Comments(0)

里山80日ボラ、再び。

里山80日ボラ、再び黒木に戻ってまいりました。
2010年にロシアから参加したターニャ(カザフスタン人)、アメリと交流です。
こうやって戻ってきてくれる人がいると、うれしいですね!

Here is Tanya from 80-days volunteer in 2010, she comes back to Kurogi!!
It is very nice to see the previous volunteers again!
You always welcome back to Kurogi, ALL OF YOU!!

written by Mariko
f0187336_23492475.jpg
f0187336_23494934.jpg

[PR]
by egaonomori | 2012-04-29 15:43 | Comments(0)

お茶・かぶせ

今日は宮園さんとのワークでした。午前中に今春最後のシイタケ採りをして(といってもピークはとうに過ぎているのでそんなに多くはなかったのですが)、それから茶畑に黒いシートをかぶせる作業に移りました。
お茶の葉の鮮やかな緑色を保つために、畝の一列一列に写真のようにシートをのせ、一定間隔でお茶の木の枝に洗濯ばさみで留めていきます。一見簡単そうですが、畝は長いもので40メートルくらいあったり、さらに途中で曲がっているものもあるのできれいにかぶせるのはなかなか大変です。
宮園さんによれば、この作業はお茶の生長や味とは関係ないそうです。お茶の葉は何もしなければ黄色っぽくなっていくのですが、消費者が緑色のものを好むようになってきたため、このような作業が必要になってきました。
梅澤光里
f0187336_2110534.jpg
f0187336_21103791.jpg

[PR]
by egaonomori | 2012-04-28 21:09 | Comments(0)
21,22日と、九州NICEの設立記念パーティー@福岡市に参加してきました。NICE関係者、山村塾などの共催団体、NICEの会員や一般参加者を集めて、ワークキャンプに関するプレゼンテーションやキャンプ、公園のごみ拾いなどをやってきました。
参加者の中には、ワークキャンプに参加したことがない人や今回のイベントで初めてNICEのことを知った人がいましたが、その中で今回のイベントを通してワークキャンプに興味を持った人も多かったみたいです。
私とそんなに変わらない年齢なのに事務局長として九州NICEをひっぱっていく舞さんの熱意が伝わってきました。また、大学生くらいの年齢で面白い活動をしている人が沢山いて、私もいろいろな経験を積もう、といい刺激を受けました。
梅澤光里
f0187336_218145.jpg


f0187336_216056.jpg

[PR]
by egaonomori | 2012-04-22 21:03 | 笠原災害 Disaster | Comments(0)

石釜

今日は誠さんにヘルプに来ていただいて、石釜作りのラストスパートに取り掛かりました。
誠さんの経験と知識のおかげで、みるみるうちにドームが出来上がり、ようやく完成に近づいてきました。取り出し口のアーチの形をとるために設置した半円形の木材を、その周りに石を積んだあとで取り出せなくなったり、ドームの中心に突き立てておいた鉄の棒が抜けなくなったりなどハプニングもありましたが、なんとか解決しました。
梅澤光里
f0187336_2122240.jpg
f0187336_21213.jpg
f0187336_2114617.jpg

[PR]
by egaonomori | 2012-04-20 21:00 | Comments(0)

宝箱&石釜

今日は宝箱のみなさんと一緒に、棚田の泥上げと鴨のえさやりをしました。
機械が入れない外周の部分、幅30cmくらいのところの草を取り除いて、鍬で土を掘り返していく作業です。宝箱のみなさんと活動をする予定の棚田は4枚ありますが、みんなで頑張ってくれたおかげでそのうちの一枚の泥上げが終わりました。
その前後に石釜作りの続きをしました。土台の部分を終え、ドーム状の釜本体に取り掛かっていきます。土台のてっぺんに砂を、その上に石を円形に敷き、その周りからドーム状に石を積んでいくのですが、砂を水平にならすのにとても神経を使いました。
梅澤光里
f0187336_20551488.jpg

f0187336_20554217.jpg

f0187336_2056172.jpg

f0187336_20562054.jpg

f0187336_20574614.jpg

f0187336_2058642.jpg

[PR]
by egaonomori | 2012-04-19 20:52 | Comments(0)
17~18日は、私は宮園家でのワークで、二日ともシイタケの原木立てをしました。
17日は9列くらいが完成したのですが(写真)、並べる作業はほとんど私がやりました。
作業スピードは速くないですが、無事に一列一列完成させて、一日の終わりに今日作った分を眺めてみると達成感がありました。
18日の晩には今年の原木立てのほぼすべてが終了。数にして…覚えていませんが、沢山たくさんあった原木がすべてきれいに並べられているのを見て感動しました。

また、この二日間で運搬車を運転してみたり、イノシシの皮剥ぎをしてみたりといろいろな体験をしました。
その一方で、やっぱり木、丸太というのは重くて硬い、したがってその扱いには細心の注意や工夫が要るということを痛感しました。
梅澤光里
f0187336_19405237.jpg
f0187336_19403942.jpg

[PR]
by egaonomori | 2012-04-18 19:38 | Comments(0)

ishigama

ついに石釜作りがスタートしました。
作る場所はえがおの森の校庭の一角です。
今日は土台作りでした。作っている最中も、いかに強固で実用的な石釜ができるか、また予期せぬ問題にどのように対処するか、しょっちゅう熱い議論が交わされていました。(主に小森さんとアメリとの間で)。
梅澤光里
f0187336_19382353.jpg
f0187336_1938451.jpg
f0187336_19374972.jpg

[PR]
by egaonomori | 2012-04-16 19:35 | おしらせ | Comments(0)

九大新入生合宿

14~15日は、山村塾との連携で九州大学芸術工学部環境設計学科の新入生合宿が行われました(@四季菜館)。農山村での体験学習を通じて、学生・OB・教授間の交流を深めたり、環境設計学の入口に立つ新入生の意識を高めたりするねらいがあるそうで、竹細工・周辺環境見学・タケノコ掘りやヒノキの枝打ちなど、手を使い自然と関わる活動がたくさんでした。

私たちも準備だけでなく活動に参加したのですが、私にとっては、棚田や合鴨・堆肥など四季菜館が環境に配慮した農業をおこなっていくうえで重要なキーワードとなるものを見学し、改めてその仕組みや意義を理解する絶好の機会でした。また、椿原さん夫妻からの
お話を聞いて、毎日忙しそうな四季菜館だけれど、その設立はすばらしい理念に基づいていて、お二人の四季菜館に対する思いは設立当初から変わっていないということを改めて実感し、ここでボランティアをしていることがいかに有意義であるかを再確認しました。
f0187336_19334933.jpg
f0187336_19333685.jpg
f0187336_19331871.jpg
f0187336_1933020.jpg

梅澤光里
[PR]
by egaonomori | 2012-04-15 19:24 | 笠原災害 Disaster | Comments(0)

ishigama

4月の第二週の木曜日ということで、二回目の宝箱の皆さんとのワークでした。今日は前回と同じく畑の草取りと鴨のえさやりでした。今日も皆さんのおかげで畑がすっきりして、鴨も喜んでいました。
そして私も最近知ったことなのですが、えがおの森に石釜を作ろうという企てが前々から密かに(?)あったようです。少し前からアメリを中心に話し合いが始まってきて、今日はより現実的な話し合いをしました。私は難しい話にはついていけなかったのですが、アメリリーダーのもとで良い石釜ができるといいです。

梅澤光里
f0187336_19232375.jpg
f0187336_1923424.jpg
f0187336_19224931.jpg

[PR]
by egaonomori | 2012-04-12 19:20 | Comments(0)