山村塾国際ボランティア・えがおの森メンバーの活動ブログです。This is the blog of Int'l volunteers in Egaonomorim Kurogi by Sansonjuku.


by egaonomori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

里山ミニワークを終えて

こんにちは!私は台湾から来たメイです。
今回で笠原に戻ってきたのは3回目で、80日ワークキャンプに参加できて光栄に思います。3週間経ちましたが、たくさんのイベントがありました。
先週の水曜日と木曜日に、まりさんとラッキョウづくりをし、ケヴィンが10日間えがおの森に泊まり、台風で被害のあった竹林の整備ワークをしました。金曜日は、何名かイベントに参加されたボランティアと一緒に、宮園さんの東屋の屋根を作ったり森林の整備をしたりしました。
Hello! This is Mei from Taiwan.
This is the third time that I come back to Kasahara, and it is an honor to be able to join this 80 days work camp .It has been three week past and we had a lot of event in this week.
Last Wednesday and Thursday we made rakkyo with Mari san, also Kevin stayed with us for ten days, we worked in the bamboo forest that because of the typhoon , we had to cut out the old bamboo and cleaned up the path. On Friday we did not only made the roof for the shelter with Miyazono san but arranged a part of forest that we had some volunteers joined our work.

f0187336_22142029.jpg


f0187336_22144312.jpg


f0187336_2215084.jpg


On Saturday to Monday we made the foot path in Greenpia Yame, that's the hard job to work on the unflat hills but we had good teamwork and chemistry. Although I can't finish the whole camp but I had good time with our members! I am glad that I have these kind and cute people around me, thank you guys! hope the work camp goes well :-)
土曜日から月曜日にはグリーンピア八女に遊歩道を作りました。平らではない山で働くのは大変でしたが、チームワークで頑張りました。
私は80日すべてのキャンプに参加できませんでしたが、メンバーと楽しい時間を過ごしました!やさしくてかわいいみんなに会えて嬉しいです、ありがとうみんな!ワークキャンプが今後もうまくいくことを祈っています。

f0187336_22154299.jpg


f0187336_221693.jpg


f0187336_22163184.jpg


f0187336_22165045.jpg


f0187336_22171010.jpg

[PR]
by egaonomori | 2015-09-27 22:18 | 里山80日 | Comments(0)
こんにちは!里山80日ワークキャンプのリーダーをしている白石仁子(のりこ)です。神戸で大学生をしています。これからよろしくお願いします^^

先週末、笠原では「木育キャラバン」が行われました!

金曜日には、東京おもちゃ美術館から運ばれてきたたくさんの木製のおもちゃや、地域の方が作った木製の家具やおもちゃを会場に設置したり、会場の掃除やテント設営をしたりしました。
当日(土曜・日曜)は本当に良い天気に恵まれ、たくさんの方が来場してくださいました!記念すべき第一回目を、わたしたちがお手伝いできたこと、嬉しく思います。
また、木製のおもちゃでいっぱいになった体育館や教室で、子供達が元気に遊ぶ姿、親御さんたちの楽しそうな笑顔を見ることができました!
地域の方々のおいしいご飯を食べたり、子供たちと一緒になっておもちゃで遊んだりと、ボランティアであるわたしたちもとても充実した2日間になりました。

秋の80日ワークキャンプはイベントが多いので、ひとつひとつ貢献していけるようにみんなで頑張りたいと思います!^^


--------------
Hello, this is Noriko from Kobe, Japan.

We had the wooden toy event called ‘Moku-iku (wood education) caravan’ in Egaonomori, Kasahara.
On Friday, we helped carrying and setting up wooden toys from Tokyo museum and also cleaning up the gym.
On Saturday/ Sunday, it was very nice sunny day and over 1800 people in total came to enjoy the event! We are so glad that we helped and joined this event and get chances to actually see families and children having fun with toys and smiling all together!

This autumn 80days camp will be a bit hard because we’ll have lots of events, but we’ll do our best for Sansonjuku and people in Kasahara. :)

f0187336_085680.jpg


f0187336_092259.jpg


f0187336_093845.jpg


f0187336_095664.jpg

[PR]
by egaonomori | 2015-09-17 00:18 | 里山80日 | Comments(0)

1週間のできごと

こんにちは、私はドイツから来たハーディーと申します。今年高校を卒業しました(18才)。一人で海外に行くのが初めてで、私にとってはとても大きな冒険で、このワークキャンプに参加することを楽しみにしていました。でも、飛行機に乗るとき、この冒険は私にとっては若過ぎるかな?と思いました。でも、頼もしいボランティア達や、親切な地域の方達と出会い、私の不安はなくなりました。日本の人達はとても親切で、とても感謝しています。一週間が過ぎましたが、その間に様々な経験をすることができました。例えば、多様な自然。笠原周辺を新しい友達と共に巡ったり、農作業を行い、自然と関わる機会をたくさん経験できました。また、鴨の引き上げや、薪運びなどは楽しかったです。
アイゴと私の高校時代の友達(ダニエル)も最近合流ができて、嬉しいです。これから80日間、多くの人と交流して友達を作り、おいしいものを食べたり、環境保全に必要なノウハウを学んでいきたいです。

Hello my name is Hardi, I come from Germany, finished high school this year and I am 18 years old. It is my first time travelling in another country by my own, so it is a big adventure for me. I was really excited about joining the work camp, but when I stepped into the plane I had big doubts that I'm too young for this. My worries blew into the wind when I met all the work camp volunteers and experienced the lovely welcome culture of the local people of Kurogi and Japan. In Germany not everybody is such positive and polite as Japanese people, which I really appreciate.
I really enjoyed the first week and I have seen so many impressive new things. For example the diverse nature. I get so pleased when I hiked up the valley with my new friends. I also really enjoy working in this environment. Especially the duck hunting was really fun for me and also the work on the damaged vegetable field and carrying wood.
Igor and a friend of mine from germany, Daniel, also joined the work camp a bit later, but it was no problem for the group to integrate them.
I am looking forward to stay here for three months, working with local people and the other work camp participants, making new friends, eating good food and being useful in case of environmental issues.

f0187336_846911.jpg


f0187336_8463039.jpg


f0187336_8464685.jpg


f0187336_847234.jpg


f0187336_8473384.jpg

[PR]
by egaonomori | 2015-09-11 08:48 | 里山80日 | Comments(0)
My name is Warut (ワルット). I'm from Thailand. 5 months ago, while I was sitting behind my desk in a big city, I found an encouraging quote on the internet. It said, "Whenever you feel worthless, stop doing for yourself and start contributing to others". So, I unintentionally found this work camp and decided to leave my job and join the camp all alone. Even though I would like to stay for a year, but my visa allows me just only for 3 months. However, that's more than enough.

To be here, not just only to contribute my time and effort to others, but it also helps me to find myself, my goal and my life. Sansonjuku is an amazing non-profit organization that allows me to gradually absorb their ways of living. Eco-friendly life is not just a trend to follow, but it's a contribution from the bottom of your heart.

The main task is to take a good care of myself as good as I can which doesn't require much time here. I don't have to check social network all the time. I don't have to spend my time and money for dressing up. Life is very easy and free. I feel like I understand the meaning of 奇麗 (kirei) which both means "beautiful" and "clean". So to be clean is beautiful and to be beautiful is clean, physically and mentally.

In a week time, I have 1 day-off. But it seems like every day is a day-off and workday at the same time. On a daily basis, I learn how to have meals in manner. I learn how to sleep and wake up in manner. I learn how to clean everything properly. I learn how to cook healthy food. I learn how to take care of a goat. I learn how to make a fire. I learn how to live without electric power and etc.

During workday, I learn how to take care of rice paddies in organic way. Not only "How to" but also "Why to". I learn how to harvest vegetables. I learn how to use heavy machines. I learn how to adapt and get along with nature. I learn how to build a duck coop. I learn how to... It has been just only a month. I still have 2 more months to stay. I know that I'm going to learn so many more.

Before, I was an empty, useless and pointless young boy, struggling my life underneath a high-pressured society. I thought this was just an escape plan, but I was wrong. It's the only way out.

わたしはワルットです。タイから来ました。
5ヶ月前、大都会で自分のデスクに座って仕事をしていた時、インターネット上のある勇気付けられる言葉に出会いました。そこには「価値が無いと感じたときはいつでも、自分のためにそれを止め、誰かのために貢献しなさい。」と書いてありました。その後、何気なくこのワークキャンプを見つけ、仕事を止めてひとりでキャンプに参加することを決めました。1年間参加したいと思いましたが、VISAの期間は3ヶ月間でした。でも、それで十分です。

ここにいるということは、誰かのためにわたしの時間と努力をもって貢献しているだけでなく、自分自身のこと、私の目標や人生を見つけるための助けにもなっています。山村塾は本当に素晴らしいNPOで、私は彼らの生活方法を次第に吸収していっています。エコフレンドリーな生活はトレンドのようだけど、心の底からの貢献だと思います。

ここでの主な目的は、自分自身のケアを十分にすることでしたが、ここでの生活ではそのための時間をあまり要していません。SNSなどを常にチェックする必要はありませんし、時間やお金をかけてドレスアップする必要もありません。ここでの生活は自由でシンプルです。奇麗(きれい)という「美しい」と「清い」のどちらの意味も持つ日本語が、理解できたような気がしています。身体的にも精神的にも、清くあることは美しく、美しくあることは清いということなのです。

1週間のうち1日デイオフ(お休み)がありますが、毎日がデイオフ、ワークデーのどちらものように思えます。日々の生活の中で、わたしは食事のマナー、就寝と起床のマナー、すべての掃除を適切に行うというマナーを身につけています。どのように健康的な食事をつくり、ヤギを世話し、火を起こすのかということや、一切電気がない生活も学んでいます。

ワークデーでは、オーガニックな田んぼの世話を学んでいます。ただ「どのように」世話するのかだけではなく、「どうして」そのように世話するかもです。他にも学んだことは、野菜の収穫、重機の使い方、自然との調和、鴨の小屋の立て方、などなど...。今ここに来てまだ1ヶ月で、まだ2ヶ月間残っています。もっともっとたくさんのことを学んでいくと思います。

以前、わたしはからっぽでした。役に立たない無意味な若者で、高いプレッシャー社会の中で、わたしの人生を求めもがいていました。わたしはここに来ることが逃避なのかもしれないと思っていました。でも、これこそが唯一の道だったのです。

f0187336_2325891.jpg


f0187336_2332733.jpg


f0187336_234035.jpg


f0187336_2343848.jpg


f0187336_235415.jpg


f0187336_2352987.jpg


f0187336_236035.jpg


f0187336_2363837.jpg

[PR]
by egaonomori | 2015-09-01 23:08 | Comments(0)