山村塾国際ボランティア・えがおの森メンバーの活動ブログです。This is the blog of Int'l volunteers in Egaonomorim Kurogi by Sansonjuku.


by egaonomori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Hello everyone!

Hello everyone,
I am Guénia, as Sarah and Amélie I am also french. I am glad to be a volunteer in Egao no mori and learn lot of things from others and maybe from myself. It it my first time in Japan, and I promise you I am breath-taken because of the beautiful landscapes in this countryside. I hope to enjoy every moment during this project, and every exchanges with locals people and other volunteers.

みなさんこんにちは
私はGuenia(ゲニア)です。サラやアメリと同じくフランス人です。
えがおの森でボランティアできること、また、たくさんのことを他の人から、もしくは自分自身から学べることを嬉しく思っています。日本に来るのは初めてですが、ここの美しい景色に私は息を飲むほどに驚いたのです。
このプロジェクト中のどんな瞬間も、地元の方々やボランティア同士での交流も、全て楽しみたいと思います。
f0187336_11420892.png


I would not speak about this week especially because they are lot of things to recap since we started the project 2 weeks ago.

2週間前にワークキャンプが始まってから大事なことがたくさんあったので、今週のことについては今回はとくに喋らないことにします。

I remember the second day cutting bamboos in the forest to make green curtains for the building. Cutting was the easiest part of the work, but when we dragged bamboo on the road to the dormitory, I realized «This is so awesome, me in the countryside of japan dragging bamboos ! »

ワークキャンプ2日目のことです。その日はグリーンカーテンを作るために竹を切りに行きました。竹を切り出すこと自体は簡単でしたが、竹を引きずりながら帰る途中、「すごい!私が日本の田舎で竹を引きずってるなんて!」と気づきました。

Also, I have learned how to use Kusakariki, and I can tell today that I am proud of it. I am not the kind of practical person in France, It was a challenge for me, I thank the team for teaching us how to work in safety and to have a good swing !

また草刈機の使い方も勉強し、今では自慢できるくらいです。私はフランスで特に経験があった訳ではなく、私にとっては挑戦でした。しかしどうやって使えば安全なのかや、上手な扱い方を教えてくれて感謝してます。

I enjoyed today because we met japanese people in Yame city who are passionated by what they are doing. Especially the calligrapher, he made us a gift by writting us our name in Kanji. I find mine interesting with «flower » - « human » and « love ». The most important thing to share with other is love, isn’t it ?

八女でものづくりをされている方々にお会いして、今日も楽しかったです。
特に書道家の方にお会いしたのですが、彼は私達の名前に漢字を当てて書いてくれたのです。
私の名前はとても素敵で、「華仁愛」でした。誰かと共有する最も大事なものって愛ですからね。

f0187336_11423533.png

[PR]
by egaonomori | 2016-05-31 11:43 | 里山80日 | Comments(0)
さて、今週私たちは色々新しいワークを体験しました。草刈機とか草刈機とか草刈機とか、、
まあ草刈りする場所がたくさんあるのです。
So, this week we experienced many new work like mower, and mower and especially mower, because there are many grasses to get rid off.

しかし木曜日には、被災された農家さんのお手伝いをするために熊本へ行きました。
But on thursday we went to Kumamoto prefecture to participate to farmer help.

f0187336_22313092.jpeg


この手助けがどれほど力になるかは正確にはわからないですが、その効率性はとても印象的でした。
I don't know exactly how the organisation of this help works, but I am very impressed of the efficiency of it.

1人の女性に会う機会があり、彼女の畑で一緒にワークをしました。
So we had the oppurtunity to meet a woman who we worked with in her fields.

彼女は地震とそれがどんなものだったか、私たちに話してくれました。
たとえ、地震がどれほど精神的にも身体的にもダメージの大きいものだと私たちには理解できなくても、その話はとても興味深いものでした。
She told us about the earthquake and how it felt. So this was very interresting to us, even if we will never be able to realize what traumatising an earthquake can be.

この日は私にとって、とても重要な日になりました。
なぜなら、ますます自己中心的で自分本位になるこの社会の中で、一致団結は深い価値のあるものであるからです。
This day was very important to me because solidarity among people is deeply valuable in our society that makes us more and more egocentric and selfish.

Amélie アメリ

f0187336_22315590.jpeg

[PR]
by egaonomori | 2016-05-22 22:35 | 里山80日 | Comments(0)
皆さん、こんにちは。私はサラです。私はフランス人です。
私はマスタードと美味しいワインで有名なディジョンという場所から来ました。
私にとってアジアに来たのも日本に来たのも初めての経験です。
この山村塾のワークキャンプには、アメリとゲニアというフランス人ボランティアも一緒に参加しています。初めて笠原に着いた後は、このワークキャンプの日本人リーダーであるサトがえがおの森や山村塾の活動目的などを説明してくれました。
そのあとは美味しい日本の料理を食べ、そしてついに「お風呂」に初めて入りました!
Minasan konichiwa, watachi wa Sarah desu , watachi wa furansujin desu.
I come from Dijon, Burgundy’s Dukes Capital, famous for its mustard and good wine.
This is my first experience in Japan and in Asia in general. I am out of breath seeing these unique landscapes.
Guénia and Amélie, french volunteers and I arrived in Kasahara’s charm to join Sansonjuku’s project.
After our arrival, Sato, the workcamp leader explained us accommodation’s habits as well as purposes and activities of the NPO we could enjoy for the first time the delicacy of japanese cuisine and finally the first “ofuro” just before to fell into Morpheus arms.

次の日は、私たちは竹林へ、ボランティアメンバーとヒロとミナも一緒に、グリーンカーテンを作るための竹を切りに行きました。
竹林へ着いて、説明を聞いている間、私たちはキツネがノウサギを追いかけている場面に遭遇しました。私たちがいたのでキツネは逃げ、ノウサギは逃げることができました。
それから午後は地元の人たちとのウェルカムパーティのためにフランス料理(ガレット“galettes aux sarrazinとチョコレートケーキ)を作りました。
パーティが始まると、私たちは自己紹介をし、またフランスの言葉を引用して紹介しました。
Le Bonheur est parfois caché dans l’inconnu » Victor Hugo.
« Voyager sans rencontrer l’autre ce n’est pas voyager, c’est se déplacer » Alexandra David Neil.
« Dans un voyage, le plus long est d’arriver à la porte. » De Varron.


Le 11 mai 2016.
We went to the banboo forest in order to cut 6 bamboos with the french volunteers, Sato, Hiro and Mina to make green curtains.
Arriving in the bamboo forest, during explanation of the work, a rabbit chased by a fox came quickly, by our presence the fox got scared and fled uphill allowing the rabbit to escape.
Then, in the afternoon, we prepared French dishes ( “galettes aux sarrazin” and a chocolate cake ) for our welcome party with the Kasahara’s locals.
At the beginning of the party we introduced ourselves with the help of Sato for the Japanese traduction … We presented few French quotes that I write you down here:
« Le Bonheur est parfois caché dans l’inconnu » Victor Hugo.
« Voyager sans rencontrer l’autre ce n’est pas voyager, c’est se déplacer » Alexandra David Neil.
« Dans un voyage, le plus long est d’arriver à la porte. » De Varron.
f0187336_16452823.jpg

5月12日は「宝箱」の人たちと一緒に四季菜館へ行き、草取り作業をしました。そのあとは彼らと一緒に外でご飯を食べました。
えがおの森に帰った後は、ヒロがグリーンカーテンの為に植える野菜の植え方を教えてくれました。
夜はユウヤさんという初代のワークキャンプリーダーが遊びに来たので、一緒に夕食を食べました。ユウヤさんはけん玉の遊び方を私たちに教えてくれました。
Le 12 mai 2016.
We removed grasses with Takarabako organisation after visiting Shikisaikan house. Then, we picnicked with the group under beautiful trees. When we came back, Hiro showed us how to plant bitter cucumber for futur green curtains.
Then we had dinner with the first workcamp’s leader in Sansonjuku, Yuya and he taught us how to play kendama : Japanese bilbocquet.

5月13日は午前中、福夫さんがお茶摘みのやり方を教えてくれました。私たちはお茶の手摘みと、お茶が木からポットに来るまでの過程を知ることができました。
私は彼らの技術と知識に感動し、またお茶を飲む消費者としても、それを知ることができて感謝の気持ちになりました。
午後はお休みだったのでゲニアと笠原地域を歩いてみて、観光客のふりをしてたくさん写真を撮りしました。
Le 13 mai 2016.
This morning, Fukuosan explained to Sato, Amélie, Guénia and I the way of collecting tea leaves. We had the opportunity to experience hand harvesting and we plan to learn how to prepare it from the tree to the pot.
I was amased by their skills and knowledge and I feel thankfull they passed it to us, especially as a tea drinker.
During the afternoon off, Guénia and I had the opportunity to look around the area of Kasahara and played tourists, taking a lot of pictures.
週末は、西南大学の生徒たちと一緒に、2012年の水害で被害を受けた松尾さんの畑の復旧作業(畑の石拾い)を行いました。
彼らと2日間、一緒に作業できたことは素晴らしく、私は不安だったけれども、実際はお互いの言語や文化を学びながらとても楽しくコミュニケーションをとることができました!
ありがとう、また会いましょう!

Le week-end.
This week-end we had the Seian university’s students visit. We worked together in the Matsuosan’s field in order to remove stones which came during the 2012 heavy rain that flooded the area.
It was really cool to share these two days with them … Although I feared awkwardness between us but we could quite easily communicate and learn from each other’s culture and have fun!
Thank you guys, I hope we’ll see you again!

サラ
Sarah
Post scriptum : thanks to Amélie for language advises ;-)
f0187336_16444073.jpg
]
[PR]
by egaonomori | 2016-05-19 11:42 | 里山80日 | Comments(0)