山村塾国際ボランティア・えがおの森メンバーの活動ブログです。This is the blog of Int'l volunteers in Egaonomorim Kurogi by Sansonjuku.


by egaonomori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Hello, this is Amélie. 
This week we had 4 days off, some volunteer travelled. When we came back we had to go back to work pretty fast ^^

ハロー、アメリです。
先週は4日間のお休みがあって、何人かは旅行に行きました。みんな帰ってきて、すぐにワークに取り掛かりました。

We had to spread nuka in the rice field as fertiliser and sun block for preventing grass to grow. We also prepared rakkyo for making pickles next week.

私たちは田んぼにヌカを撒きました。これは肥料にも、雑草の成長を抑えるための日陰にもなるのです。
それかららっきょう漬けの仕込みもしました。
f0187336_19502265.jpeg
f0187336_19504004.jpeg
It will be fun.
来週もきっと楽しくなるでしょう。

アメリ


[PR]
by egaonomori | 2016-06-30 19:44 | 里山80日 | Comments(0)

6月は

Hello everyone,
June is the month for preparing rice paddies, planting rice and mud wrestling!
 One of the most interesting day for me has been the visit and exchanges with pupils in elementary school of Kurogi. We have introduced our living area in France and recap briefly differences between french and japanesse education. Children showned interests and they were really curious to know more about life in France : are we using washing machine, or crossing river when no bridge around for instance?
 It was a good opportunity also to play with them as we all were very fast in our child mind again.

ハローみなさん、
6月は棚田の準備をしたり、田植えをしたり、泥合戦をしたり!

黒木小学校を訪問して、生徒たちと交流したのもとても面白かったです。私たちは自分の住んでいるフランスの地域の紹介をしたり、フランスと日本との教育の違いをちょっとだけまとめました。子供たちは興味津々に見え、特にフランスでの生活について知りたがりました。「フランスでも洗濯機を使うの?」とか、「例えばもし周りに橋がなかったら、どうやって川を渡るの?」とか。
彼らと遊んだことも、私たちが子供心を取り戻す良い機会でした。

f0187336_22043019.png


I also like when we went on Thursday to Fukuoka for the compost event.
 I have learn how to make tasty herbal tea with plants from garden and in the afternoon we discussed not only about compost but also about sustainable devellopment for cities.
 On our way back to to Egao no Mori, our driver Hiro drove on roads and bridges near the sea, I really enjoyed the view!

コンポストのイベントのために木曜に福岡に行ったのも、とてもよかったです。畑の植物でどうやって美味しいハーブティーを淹れるかを学んだり、午後にはコンポストだけではなく市街地の持続可能な発展についても話し合いました。
えがおの森への帰り道に、ヒロが海の近くの道や橋を通ってくれて、私は景色を堪能しました!

See you soon !

Guénia
ゲニア
f0187336_22052190.png

[PR]
by egaonomori | 2016-06-28 21:47 | 里山80日 | Comments(0)

田口一輝です!

こんにちは。始めまして。新しくメンバーに加わった田口一輝です。みんなにはかずと呼ばれています。三日前に埼玉から山村塾に来たばかりです。山村塾での活動を大いに頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします。

The last 2 days we used kusakariki to cut grasses on rice paddies. But, the thing is that on some parts is looked more as a jungle with small trees, high grasses and bushes because no one took care about these fields for 4 years. It was a good challenge for us to make the paddies be able to cultivate again.

ここ二日は草刈り機を使って棚田の草刈りをしました。ですが、この棚田は4年間誰も世話をしていなかったため、いくつかの部分は背の高い雑草や低木、茂みで覆われまるでジャングルのようでした。この棚田を再び耕作できるようにするというのは私たちにとってとても素晴らしい挑戦です。

Other people joined us for the weeding event and during lunch and dinner time we exchanged a lot about cultural differences. For example making noise when eating “soumen” or looking in the eyes when speaking with someone. In Japan, making noise when eating “soumen” and “ramen” means the food is good, in France it would mean you don’t know how to eat. Concerning looking in the eyes, in France it is not impolite to look for a long time in other’s eyes.

他にも何人かの方が草刈りを手伝ってくださり、一緒に食事もとったのですが、食卓ではたくさんの文化による違いを垣間見ることができました。例えば、そうめんを食べるとき音を立てるのはいいか悪いかや話をするときに目を必ず見るか否かなどについて話しました。
日本では麺を食べるときに音を立てることは悪いことではありませんが、フランスでは食事をするときに音を立てることは食事の正しい取り方を知らない、子供であると考えます。
目を見るか否かについてはフランスでは、話をするときに長い間目を見つめることは普通で失礼には当たりません。

f0187336_2211273.jpg

作業前のミーティングの様子

f0187336_2214531.jpg

棚田の草刈り前の写真です。

f0187336_2211382.jpg

棚田の草刈り後の写真です。
[PR]
by egaonomori | 2016-06-11 22:11 | 里山80日 | Comments(0)
Hi, I'm Max. I'm a french volunteer. I and Sam arrived one week ago in Egao No Mori. It's our first time in Japan and it's been great so far. Our first week here has been very rich in experiences.

こんにちは。私はMax(マックス)、フランス人です。
私とSam(サム)は先週えがおの森にやって来ました。日本に来るのは初めてで、今のところ満喫しています。この1週間は様々な経験でいっぱいでした。

We did doiuchi (digging trenches at the edge of rice paddies to hold water) with Fukuo-san, a local farmer who may seem a little rude at first (baka !), but turned out to be a very nice fellow. It was quite hard word.

私たちは、棚田に水を行き渡らせるために畦に溝を掘る「どいうち」という作業を福夫さんとしました。福夫さんは地元の農家さんで、最初はバカと言われたり少し怖そうな人だなぁと思ったけれど、優しい人だとすぐにわかりました。とても難しい言葉でした。

f0187336_21180702.jpeg


We also learned to use kusaraki to weed fields, which was very interesting and quite enjoyable. Other activities included onion harvesting, stone walls weeding, bamboo chopsticks making, goat walking, japanese cooking, and hours of hard kendama training.

草刈機の使い方も学んだのですが、とても面白く楽しいものでした。他の活動も同様でした(玉ねぎの収穫や石垣の草引き、竹の箸作りやヤギの世話、日本食調理やけん玉練習)。

But despite of all this frenetic activity, I have found myself deeply relaxed by the calm and quietness that emanates from Kurogi town and Egao No Mori.

けれどそんなバタバタした活動にもかかわらず、黒木やえがおの森がかもしだす穏やかさや静寂に包まれて自分がとてもリラックスしていることに気づいたのでした。

f0187336_21182379.jpeg


Max
[PR]
by egaonomori | 2016-06-04 21:16 | 里山80日 | Comments(0)