山村塾国際ボランティア・えがおの森メンバーの活動ブログです。This is the blog of Int'l volunteers in Egaonomorim Kurogi by Sansonjuku.


by egaonomori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:ワーク ( 19 ) タグの人気記事

2/10(日)
◇◆山林コース「しいたけ菌うち」◆◇

しいたけ原木で栽培するしいたけ、味は格別です。
クヌギの木に穴をあけ、そこに小さな種ゴマを打ち付けて植菌します。
山を眺めてたき火にあたりながらする作業、
自然の中で食べる郷土料理満載のおいしいお弁当。
都会の日常にはない特別な空間と体験ではないでしょうか。
冬の里山を体感して、わいわいと楽しく作業をしましょう!

お時間のある方は、前日ワークも開催予定です。
ふるってご参加ください!

□日程:2/10(日)9:30~16:00

□集合:9:00に八女市黒木総合支所の駐車場(厳守)
    (八女市黒木町今1314-1)
※これまでの道路が通行止めとなり、迂回路を通る必要があります。
 集合後、車を乗り合わせてえがおの森に向かいます。
※公共交通機関をご利用の方は、堀川バス JR羽犬塚駅 8:12発→黒木9:03着を
 ご利用ください。スタッフが送迎に参ります。申込時に送迎希望とお知らせください。

□内容:しいたけ菌打ち  
宮園家のしいたけ原木栽培のお手伝いをします。
穴をあけたクヌギの木に、種ゴマを打ち付けて植菌します。
山小屋近くで郷土料理満載のおいしいお弁当を食べます!

□参加費:一般 1,000円(3歳未満無料)、会員無料
※参加費は、昼食、保険、通信費を含みます。
※前日ワーク参加費、会員は一食500円

□持ち物:長袖、長ズボン、帽子、軍手、地下足袋または
 長靴や軽登山靴など
※寒くない格好でお越し下さい。
※金づちを持っている人は持ってきてください。
※雨天のときは雨合羽。
(貸出用ありますが、できるだけご準備ください。)

□定 員:20名くらい

□申込方法:
1)お名前
2)連絡先
3)同行者のお名前(学生、子供の方は学年または年齢も)
4)黒木バス停からの送迎の必要
をお知らせください。

□申し込み・お問い合わせ: 山村塾事務局 担当:森・小森
〒834-1222 福岡県八女市黒木町笠原9836-1 えがおの森
TEL・FAX 0943-42-4300  事務局携帯:080-8562-4558
Eメール:sannsonn@f2.dion.ne.jp
山村塾HP http://www.h3.dion.ne.jp/~sannsonn/

+++++++++++++++++++++++++++++++
※山村塾は、都市と農山村が一緒になり、環境にやさしい米づくりや
豊かな生態系の森づくりを通じて、山村の環境を守るグループです。
+++++++++++++++++++++++++++++++
© 2013 Microsoft使用条件プライバシー開発者向け情報 (英語)日本語
[PR]
by egaonomori | 2013-01-21 15:52 | おしらせ | Comments(0)
山村塾では草刈機講習やチェーンソー研修を修了した方を、農家手伝いボランティアとして派遣する
「里山ボランティア制度」ということをやっています。

今回は、山村塾の農家会員・岳さんファミリーのお手伝いに
里山ボランティアとして参加した平島さんに体験レポートを寄稿いただきましたので
以下、紹介させていただきます!
皆さんも平島さんに続き、里山で働きませんか??(事務局 小森)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「茶摘み」体験レポート“早寝、早起きの農家生活
古里コース 平島和也

私は今年66歳(世間では“前期高齢者”という。但し、日本の農業就労者の“平均年齢”です)。山、森、外で身体を動かすのが好きで山村塾などの会員となり、里山で草刈り・植木剪定などをしています。
茶摘み体験は昨年に続き2回目です。きっかけは山村塾会員の西村さんが宮園代表宅で毎年作業されているのを聞き、私も体験したいと思い、小森事務局長にお願いしました。

昨年、黒木町高良篭の農家会員「岳さん」を紹介され、5月上旬約1週間体験しました。岳和喜さんは「山仕事講座」でチェーンソーの指導を受けお会いしたことがあり、奥様の飛鳥さんは奇遇にも山村塾で開催された「2000年、国際里山ワーキングホリデイ」に参加した同じメンバーでした。岳さん家族はおじいちゃん、おばあちゃん、岳さん夫婦、男の子3人(今年、小5、小2、保育園児)の3世代家族で賑やかです(私も孫5人がおり、正月にはおなじ3世代生活をしますが、日ごろは静かです)。

今年は、5月14日から29日まで約2週間超体験しましたので報告します。
岳さんの茶畑は高良篭・笠原地区に1町7反(主に玉露)、茶摘みの時期の作業は①おいかけ(玉露棚・茶木にネットを被せる)②茶摘み(熟練が必要で、岳さん夫婦が機械で刈る)③かたずけ(玉露棚・茶木に被せたネットをはがしてかたずける)、毎年4月末または5月上旬から1か月程度。

5月13日(日)山村塾行事「稲作コース・種まき」終了後、岳さん宅訪問
  14日(月)雨、納屋でトマト用ハウスの部品修理
  15日(火)小雨、畦切り(田の周りの畦の草刈り)
  16日(水)晴れ、午前:畦切り、午後:高良篭でかたずけ
  17日(木)18日(金)19日(土)晴れ、笠原で茶摘み、かたずけ
  20日(日)晴れ、高良篭で茶摘み、かたずけ
  21日(月)22日(火)休日(春日市の自宅に戻る)
  23日(水)晴れ、笠原で茶摘み、かたずけ
  24日(木)晴れ、高良篭で茶摘み、かたずけ
  25日(金)雨、休日
  26日(土)27日(日)28日(月)晴れ、高良篭で茶摘み、かたずけ
  29日(火)晴れ、高良篭でかたずけ、おしまい会(茶摘み終了を祝い、みんなでバーベキューを囲み“打ち上げ”)

昨年の作業は、5月連休明けで“おいかけ作業”を体験しました。玉露棚の壁と天井をネット(銀色の玉露ネット、黒い化繊ネット、藁で作った簀巻き)で覆い、30センチ程の針にひもを通しパイプに固定する作業(玉露用)と茶木にネットを被せ洗濯バサミやひもで固定する作業(かぶせ茶用)でした。中腰作業が多く腰が疲れました。

今年は、“茶摘み”と“かたずけ作業”、岳さん夫婦、おじいちゃん、おばあちゃん、近所のひろはるさん、四季菜館のいかりさんとの共同作業(子供たちも手伝う)、私は主にひろはるさんとネットをはがし、たたみ、倉庫にかたずける作業。また、12KG程の茶袋を軽トラに運び、茶工場に助手として同行もしました。なかなかの重労働ですが、青空の下での昼食・おやつ休憩、また、岳さん、いかりさんの話を聞きながら、おばあちゃんの作った山菜料理をつまみに焼酎・夕食を楽しみました。夜は10時就寝、翌朝6時起床“睡眠は疲労回復の特効薬”。

皆さん、よく働き・よく食べ元気です“元気の源は食事と睡眠”。
岳さん家族へ:お土産ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

f0187336_10175521.jpg
岳さん宅と茶畑(高良篭)

f0187336_10185924.jpg
茶畑(高良篭)

f0187336_10195557.jpg
おしまい会

f0187336_10205066.jpg
岳さんのご両親、いかりさんと


以上
[PR]
by egaonomori | 2012-06-19 10:27 | Comments(0)
3月2日★ビクター、ディニーとリーダー佐藤で、笠原の宮園 菅雄さんのお宅でお手伝い。この日はコンクリートの支柱立てをお手伝いしました★玉露を栽培するためですね!コンクリートの支柱立ての作業は30年に一度の作業。貴重なお仕事を体験させていただきました!

穴掘り名人 のディニーです! 
f0187336_18271337.jpg

茶畑の地面に穴を掘る作業は力と根気がいる作業でした!この作業をご夫婦2人だけでやるのは大変だ!
コンクリートの支柱も重かったなぁ・・・

それにしても茶畑は本当にきれい。。。まったりできますね・・・休憩時間は菅雄さんとのほほんと・・・
f0187336_1836295.jpg

奥様のスミ子さんの手料理を堪能しました!菅雄さんは英語にトライして、ディニーとビクターとわいわい話しました!
f0187336_18443557.jpg


お世話になりました!また行きたいです★
[PR]
by egaonomori | 2011-03-02 18:46 | Comments(1)
今年も2月16日から3月7日まで、20日間のワークキャンプが行われます!
今年は八女市の茶のくに研究所と共催で、八女市の魅力を発見・発信するモニターツアーも兼ねています。
そんな関係で、今回は黒木だけではなく4日間の出張ワークもあります。
昨年2月に黒木町同様、合併して八女市になったたちばな町にある農家民泊の「大道谷の里」です。
【大道谷の里】 HP http://www.omitidaninosato.com/

今回リーダーを務める働き隊!のエーコと私が、「大道谷の里」へ事前研修に行ってきました。
立花町はみかんとキウイの名産地です。
「大道谷の里」を経営する中島さん宅のキウイ畑で剪定作業を手伝いました。
冬に収穫を終えた枝を剪定し、また来年においしいキウイを実らせるための大切な作業です。
初めての剪定作業、キウイがきれいにぶら下がるのを想像して頑張りました!

20日ワークキャンプ中、この「大道谷の里」の出張ワークを含めて2月22日から3月1日まで部分参加を募集します。
現在の20日メンバーは韓国人、フランス人、インドネシア人が参加する予定です。
主なワークは4日間のたちばな出張ワーク、しいたけ原木栽培やえがおの森周辺の農家さんのお手伝いです。
国際的なボランティアメンバーと一緒に楽しいワークをしたい方、ぜひ応募してくださいね!
詳細は山村塾HPでご確認を~。

f0187336_8533824.jpgf0187336_854166.jpg
[PR]
by egaonomori | 2011-01-13 08:44 | おしらせ | Comments(0)

2010年最後のカモさばき

カモさばきの様子をレポートします。
椿原家の稲作は、合鴨農法といって無農薬のお米を作っています。
田植えの後にピヨピヨした合鴨のひなを放し、稲穂が出る頃に立派に成鳥した合鴨を回収します。
田んぼで働いたカモ達を、最後は感謝の念を持っておいしく頂くのです。

f0187336_16241363.jpg



f0187336_16295559.jpgこの日は今年度最後のカモさばき、110羽をさばきました。
夜は寒い中の作業をねぎらうため、新鮮な合鴨のお刺身を始めとしたカモ料理づくしはとても美味しかったです。
[PR]
by egaonomori | 2010-12-23 16:16 | 田舎で働き隊! | Comments(0)

ワラの片付け

稲刈りが終わった後のワラの片づけをお手伝い。

f0187336_6192953.jpg


イザベルはワラのベッドで休憩。アルプスの少女ハイジのベッドに憧れていました・・・

f0187336_6222559.jpg

[PR]
by egaonomori | 2010-10-15 06:15 | 里山80日 | Comments(0)

ねざれ【下草刈り】

植林した木の生長を促すため、夏場は木の周りの草刈をします。
この辺りでは方言で根ざれ(ねざれ)といい、下草刈りです。
地元の方は草刈機で下草を処理しますが、私達は大きな「ねざれガマ」で刈ります。
ザックザックと音を立てて切れるときは、快感です!

f0187336_13371872.jpg

[PR]
by egaonomori | 2010-09-15 13:32 | 里山80日 | Comments(0)

茶畑で一服

f0187336_22245113.jpg



黒木町笠原は、八女茶発祥の地です。
山間部に茶畑が広がり、今年2月にNHK福岡ドラマスペシャル(総合で全国ネット放送されました!)「母さんへ」(かかさんへ)が撮影された笠原小を含めた舞台でもあります。
前田亜季主演、小沢征悦、西田尚美も出演しています~。

宮園家の茶畑での作業、しばし緑茶で休憩。
地下足袋も、大分板についてきました。
茶畑の眺め、よかね~。
でも茶の枝ってとても固くて、畝(うね:お茶畑の筋)と畝の間を歩くと、枝があたって痛い。。。
青あざがたくさんできます。


f0187336_22255633.jpg

[PR]
by egaonomori | 2010-08-12 22:16 | Comments(0)

キュウリ畑の朝

椿原家の畑から毎朝届くおいしい野菜、今が旬のキュウリがあります。
キュウリの収穫を手伝いに、朝5時にキュウリ畑に行きました!
朝の空気はすがすがしく、葉っぱは朝露で濡れています。
巣でくつろぐクモと空に残る月が、皆が起き出す前の静かな朝の畑の情景です。

f0187336_10273862.jpg




f0187336_1028216.jpg
こんなキュウリがぶら下がっています。
収穫したキュウリを朝ごはんで食べるのは、何という贅沢でしょう…



6時半頃に収穫を終えて四季菜館に戻って、キュウリを袋詰めします。
そして作業を終えて朝ごはんを食べているときにグリーンコープのトラックが、各スーパーの棚に並ぶべく椿原農園のキュウリを集荷していくのです。
椿原家の朝飯前の一仕事です。
[PR]
by egaonomori | 2010-08-04 10:14 | Comments(0)

ワーホリスタート!

こんばんは、お酒が入って上機嫌なリーダー佐藤です。

いよいよワーキングホリデーが、始まりました!

80日ボランティアの個性豊かな顔ぶれに劣らず、
老若男女、さまざまな経験をされている方々が集まりました。

この5日間で、どんなドラマが生まれるのか??

今から本当に楽しみです!!


今日は、リーダーとしてではなく、
一ボランティア(参加者)としてワーホリに参加しました。

そこで感じたことは、
リーダーが堂々としていると、メンバーは安心できる、ということです。

自分がリーダーとして動いている時には気づかなかったこと。

今日一日だけで、これ以外にもいくつか気づくことがありました。

それらはきっと、残り61日となった80日ボランティアで、
応用できるよい教訓になると確信しています。

リーダーという役割を一時的に離れてみるのも、
時には大切なことですね!!

異なる方向から光を当てることで、
見えてくるモノもあります。

今回の気づきは、そんなモノのひとつであったと思います。

ワーホリは残り4日。

どんな4日になるのか、本当に楽しみです

それでは、また。
[PR]
by egaonomori | 2009-09-19 22:21 | 里山80日 | Comments(0)