山村塾国際ボランティア・えがおの森メンバーの活動ブログです。This is the blog of Int'l volunteers in Egaonomorim Kurogi by Sansonjuku.


by egaonomori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:山仕事 ( 5 ) タグの人気記事

山仕事講座

昨年の12月から3回に渡り、チェーンソー講座が行われました。
最後は実践で、山の中で実際に伐木をしました。
チェーンソーを持つのは初めてでしたが、難しいながらも何とか伐木まで体験はしました!
3回目は雪がかぶった茶畑を抜け、標高500mのケヤキ林でおこない、とても寒かった…
実習現場へ行く道中の茶畑は、マシュマロのような雪で覆われていました。

初めて切った木の切り株と一緒にチーズ!!

f0187336_14414527.jpgf0187336_14385799.jpg
[PR]
by egaonomori | 2011-01-22 22:24 | 笠原災害 Disaster | Comments(0)

ねざれ【下草刈り】

植林した木の生長を促すため、夏場は木の周りの草刈をします。
この辺りでは方言で根ざれ(ねざれ)といい、下草刈りです。
地元の方は草刈機で下草を処理しますが、私達は大きな「ねざれガマ」で刈ります。
ザックザックと音を立てて切れるときは、快感です!

f0187336_13371872.jpg

[PR]
by egaonomori | 2010-09-15 13:32 | 里山80日 | Comments(0)

茶畑で一服

f0187336_22245113.jpg



黒木町笠原は、八女茶発祥の地です。
山間部に茶畑が広がり、今年2月にNHK福岡ドラマスペシャル(総合で全国ネット放送されました!)「母さんへ」(かかさんへ)が撮影された笠原小を含めた舞台でもあります。
前田亜季主演、小沢征悦、西田尚美も出演しています~。

宮園家の茶畑での作業、しばし緑茶で休憩。
地下足袋も、大分板についてきました。
茶畑の眺め、よかね~。
でも茶の枝ってとても固くて、畝(うね:お茶畑の筋)と畝の間を歩くと、枝があたって痛い。。。
青あざがたくさんできます。


f0187336_22255633.jpg

[PR]
by egaonomori | 2010-08-12 22:16 | Comments(0)

しいたけ原木

f0187336_1111245.jpg

山林コースを担当している宮園家では、しいたけを栽培しています。
本当は4月中に終わらせる作業だという原木の組み立てですが…人手不足は深刻です。

しいたけの菌を撒いたクヌギ(どんぐりの一種がなる木です)を薄暗い杉林の中に立てます。
クヌギの木を伐採し、適当な長さに切断、運搬をし、山の斜面に組み立てる…

量を見ても、この作業過程を想像すると気の遠くなるような労働力がかかっています。

組み立てた原木に、しいたけがにょきにょき出てくるのですね。
早くしいたけと対面したいです。

汗をかいて作業が終わった夕方、山里の空はとてもきれいでした~。

f0187336_11114143.jpg

[PR]
by egaonomori | 2010-08-06 20:01 | Comments(2)

第二回山仕事講座

新年明けましておめでとうございます!!

2009年80日ボランティアは無事終了しましたが、これからは農水省の事業、「田舎で働き隊!」で半年間山村塾に来ている私、大和田がこのブログを引き継ぎます!

さて、今日は先月の19.20日にあった、第二回山仕事講座について書きたいと思います。11月にあった第一回山仕事講座に続き、今回はチェンソー編。かなり内容的にも充実していて、専門的でした。

具体的な内容としてはチェンソーの基本操作、メンテナンス方法、目立て(刃研ぎ)、そして応用として受け口作りの練習がありました。

二日間を通してチェンソーに実際に触れて、練習をした訳ですが、感想としてはチェンソーは見た目によらずかなり繊細なんだなあと思いました。特に刃を研ぐ際など、ほんの数ミリ深く研ぐだけで木に食い込み易くなったりキックバック(チェンソーの刃先が跳ね返る現象)が起こりやすくなってしまいます。逆に研がなすぎると木に食い込まなくなり切れなくなります。

従って扱いには最細の注意が必要で、エンジンオイルなどにも気をつかわなければいけません。また伐木作業にしても受け口を作る際、数センチずれるだけで倒れる方向がかなり変わってきます。


豪快に見える伐木作業も、実は繊細なんだと実感。知れば知るほど奥が深くなると思いました。                                                                                                                                     f0187336_8565198.jpg大和田
[PR]
by egaonomori | 2010-01-07 08:57 | Comments(0)