山村塾国際ボランティア・えがおの森メンバーの活動ブログです。This is the blog of Int'l volunteers in Egaonomorim Kurogi by Sansonjuku.


by egaonomori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

「茶摘み」体験レポート“早寝、早起きの農家生活

山村塾では草刈機講習やチェーンソー研修を修了した方を、農家手伝いボランティアとして派遣する
「里山ボランティア制度」ということをやっています。

今回は、山村塾の農家会員・岳さんファミリーのお手伝いに
里山ボランティアとして参加した平島さんに体験レポートを寄稿いただきましたので
以下、紹介させていただきます!
皆さんも平島さんに続き、里山で働きませんか??(事務局 小森)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「茶摘み」体験レポート“早寝、早起きの農家生活
古里コース 平島和也

私は今年66歳(世間では“前期高齢者”という。但し、日本の農業就労者の“平均年齢”です)。山、森、外で身体を動かすのが好きで山村塾などの会員となり、里山で草刈り・植木剪定などをしています。
茶摘み体験は昨年に続き2回目です。きっかけは山村塾会員の西村さんが宮園代表宅で毎年作業されているのを聞き、私も体験したいと思い、小森事務局長にお願いしました。

昨年、黒木町高良篭の農家会員「岳さん」を紹介され、5月上旬約1週間体験しました。岳和喜さんは「山仕事講座」でチェーンソーの指導を受けお会いしたことがあり、奥様の飛鳥さんは奇遇にも山村塾で開催された「2000年、国際里山ワーキングホリデイ」に参加した同じメンバーでした。岳さん家族はおじいちゃん、おばあちゃん、岳さん夫婦、男の子3人(今年、小5、小2、保育園児)の3世代家族で賑やかです(私も孫5人がおり、正月にはおなじ3世代生活をしますが、日ごろは静かです)。

今年は、5月14日から29日まで約2週間超体験しましたので報告します。
岳さんの茶畑は高良篭・笠原地区に1町7反(主に玉露)、茶摘みの時期の作業は①おいかけ(玉露棚・茶木にネットを被せる)②茶摘み(熟練が必要で、岳さん夫婦が機械で刈る)③かたずけ(玉露棚・茶木に被せたネットをはがしてかたずける)、毎年4月末または5月上旬から1か月程度。

5月13日(日)山村塾行事「稲作コース・種まき」終了後、岳さん宅訪問
  14日(月)雨、納屋でトマト用ハウスの部品修理
  15日(火)小雨、畦切り(田の周りの畦の草刈り)
  16日(水)晴れ、午前:畦切り、午後:高良篭でかたずけ
  17日(木)18日(金)19日(土)晴れ、笠原で茶摘み、かたずけ
  20日(日)晴れ、高良篭で茶摘み、かたずけ
  21日(月)22日(火)休日(春日市の自宅に戻る)
  23日(水)晴れ、笠原で茶摘み、かたずけ
  24日(木)晴れ、高良篭で茶摘み、かたずけ
  25日(金)雨、休日
  26日(土)27日(日)28日(月)晴れ、高良篭で茶摘み、かたずけ
  29日(火)晴れ、高良篭でかたずけ、おしまい会(茶摘み終了を祝い、みんなでバーベキューを囲み“打ち上げ”)

昨年の作業は、5月連休明けで“おいかけ作業”を体験しました。玉露棚の壁と天井をネット(銀色の玉露ネット、黒い化繊ネット、藁で作った簀巻き)で覆い、30センチ程の針にひもを通しパイプに固定する作業(玉露用)と茶木にネットを被せ洗濯バサミやひもで固定する作業(かぶせ茶用)でした。中腰作業が多く腰が疲れました。

今年は、“茶摘み”と“かたずけ作業”、岳さん夫婦、おじいちゃん、おばあちゃん、近所のひろはるさん、四季菜館のいかりさんとの共同作業(子供たちも手伝う)、私は主にひろはるさんとネットをはがし、たたみ、倉庫にかたずける作業。また、12KG程の茶袋を軽トラに運び、茶工場に助手として同行もしました。なかなかの重労働ですが、青空の下での昼食・おやつ休憩、また、岳さん、いかりさんの話を聞きながら、おばあちゃんの作った山菜料理をつまみに焼酎・夕食を楽しみました。夜は10時就寝、翌朝6時起床“睡眠は疲労回復の特効薬”。

皆さん、よく働き・よく食べ元気です“元気の源は食事と睡眠”。
岳さん家族へ:お土産ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

f0187336_10175521.jpg
岳さん宅と茶畑(高良篭)

f0187336_10185924.jpg
茶畑(高良篭)

f0187336_10195557.jpg
おしまい会

f0187336_10205066.jpg
岳さんのご両親、いかりさんと


以上
[PR]
by egaonomori | 2012-06-19 10:27 | Comments(0)