えがおの森メンバーの活動ブログ in 山村塾 Int'l volunteers in Egaonomori, Kurogi by Sansonjuku

山村塾国際ボランティア・えがおの森メンバーの活動ブログです。This is the blog of Int'l volunteers in Egaonomorim Kurogi by Sansonjuku.

田口一輝です!

こんにちは。始めまして。新しくメンバーに加わった田口一輝です。みんなにはかずと呼ばれています。三日前に埼玉から山村塾に来たばかりです。山村塾での活動を大いに頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします。

The last 2 days we used kusakariki to cut grasses on rice paddies. But, the thing is that on some parts is looked more as a jungle with small trees, high grasses and bushes because no one took care about these fields for 4 years. It was a good challenge for us to make the paddies be able to cultivate again.

ここ二日は草刈り機を使って棚田の草刈りをしました。ですが、この棚田は4年間誰も世話をしていなかったため、いくつかの部分は背の高い雑草や低木、茂みで覆われまるでジャングルのようでした。この棚田を再び耕作できるようにするというのは私たちにとってとても素晴らしい挑戦です。

Other people joined us for the weeding event and during lunch and dinner time we exchanged a lot about cultural differences. For example making noise when eating “soumen” or looking in the eyes when speaking with someone. In Japan, making noise when eating “soumen” and “ramen” means the food is good, in France it would mean you don’t know how to eat. Concerning looking in the eyes, in France it is not impolite to look for a long time in other’s eyes.

他にも何人かの方が草刈りを手伝ってくださり、一緒に食事もとったのですが、食卓ではたくさんの文化による違いを垣間見ることができました。例えば、そうめんを食べるとき音を立てるのはいいか悪いかや話をするときに目を必ず見るか否かなどについて話しました。
日本では麺を食べるときに音を立てることは悪いことではありませんが、フランスでは食事をするときに音を立てることは食事の正しい取り方を知らない、子供であると考えます。
目を見るか否かについてはフランスでは、話をするときに長い間目を見つめることは普通で失礼には当たりません。

f0187336_2211273.jpg

作業前のミーティングの様子

f0187336_2214531.jpg

棚田の草刈り前の写真です。

f0187336_2211382.jpg

棚田の草刈り後の写真です。
[PR]
by egaonomori | 2016-06-11 22:11 | 里山80日ボランティア
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30