えがおの森メンバーの活動ブログ in 山村塾 Int'l volunteers in Egaonomori, Kurogi by Sansonjuku

山村塾国際ボランティア・えがおの森メンバーの活動ブログです。This is the blog of Int'l volunteers in Egaonomorim Kurogi by Sansonjuku.

Weekly report 1 - 2018 04 30 – 2018 05 06

I am Eliot Geoffroy, a French student in engineering. I come from a city near Paris and I came to Japan in order to discover and participate in an environmental project which aim is to preserve the rural area of Kurogi, as well as its traditional methods. I also wanted to discover the Japanese culture and try to learn its language.
f0187336_22184690.jpg
The first week in Egao no Mori was really enjoyable! 
We discovered the life in the volunteer house, including all the participative tasks and our group is becoming closer. Everyone is inclined to participate and as a French foreigner, I discovered many delicious dishes.

But most importantly, we participated into many diverse works. At the beginning of the week, we had several introduction times so we could understand better the life in Egao no Mori and the origins and reasons of the Sansonjuku project. Then, we started the real work. We cleaned a field of bamboo, performed maintenance in the storages, cut grass for the goats, cleaned the grass cutting machines and cleaned the walls of a rice field.
f0187336_22201233.jpg

In addition to that, we had a complete day of work with Makoto and a two days special event. The day of work with Makoto was very rich of knowledge about rice culture and also really rich in activities. We started by preparing the rice seeds on plates with one layer of earth, one layer of rice and one layer of earth again. Then, we loaded everything (and everyone) on the truck and went planting the seeds in Makoto’s field. After that, we had a very delicious meal in the house of Makoto’s parents, who were very nice to us. In the afternoon, we went cleaning the sides of Makoto’s field, which was a little more physical, especially with the rain. But at the end, we were happy of what we did and again, thanked by a delicious meal with Makoto’s family.
The tea harvesting event was also really enjoyable. We welcomed around 30 people in Egao no Mori and participate with them on an interesting event centered around tea. We collected the tea leaves, cooked them in a traditional way, rolled them and cooked them again. We even had the chance to taste our own tea along with different kinds of tea. Yummy!
f0187336_22245634.jpg
At the end of the week, I can say I am really glad to be here and that time seems to fly but as a paradox, I have the impression I am here since a long time.


 私はエリオット・ジョフォアです。フランスから来た学生です。エンジニアについての勉強をしています。

 私は黒木の農村部を守るため行われている環境プロジェクト、またそのための伝統的な方法を知りたくて日本に来ました。また私は、日本語や日本の文化についても学びたいと思っています。ここへ来て最初の一週間は、本当に楽しかったです。私たちは、ボランティアハウスでの生活、および仕事を知り、生活の中で少しずつグループのみんなの距離を近づけることが出来ました。また私を含めたフランス人の参加者は、とてもおいしいご飯に出会えました。

 しかし何よりも興味深かったのが、多種多様なワークに関われたということです。週の始めに、私たちには個人の自己紹介の時間が設けられ、そこでえがおの森と山村塾プロジェクトの起源と誕生の理由を教えてもらえました。その後、本格的なワークが始まりました。ヤギの餌をとったり、雑草を刈ったり、畑に落ちている竹を除去したり、棚田の壁をキレイにしたりしました。
f0187336_22204940.jpg
 これらに加えて、私たちはまことさんと丸一日のワークを行ったり、二日間の特別なイベントに参加したりしました。丸一日のワークの日、まことさんは米の文化について私たちにとても詳しく教えてくれて、実りのある活動にすることができました。その活動では、私たちはトレーに土をひいて、その上に米の種をまき、その上からまた土をかぶせる作業をしました。その後、そのトレーを全部(あと全員)トラックに乗せて、まことさんの畑に植えに行きました。その後、私たちはまことさんの両親のお家でとてもおいしい食事を頂きました。彼らは本当にいい人たちで、私たちにとてもやさしくしてくれました。午後は、まことさんの畑を耕しました。この仕事は雨のせいもあってか、他のワークよりも少し体力を使いました。しかし最後には、私たちは自分たちのやった仕事とおいしい食事を振り返って、とてもハッピーな気持ちになりました。
 二日間のお茶摘みのイベントもとても楽しかったです。私たちは、30人近い人をえがおの森に招き入れ、お茶摘みに関する面白いイベントを彼らとともに楽しみました。お茶の葉を集めてそれらを伝統的な方法で調理し、そのお茶をもんでまた調理しました。そうして自分で作ったお茶と、その他の様々な種類のお茶を飲ませてもらう機会をもらえ、お茶の奥深さを学ぶことができました。とってもおいしかったです!
 週の終わりには、私はここにいることできて本当にうれしいと心から思えました。時間があっという間に流れてしまうように感じるのに、もう長い時間このえがおの森で暮らしているような気持ちになりました。
f0187336_22160513.jpg


[PR]
by egaonomori | 2018-05-08 22:29 | 里山80日ボランティア
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31