山村塾国際ボランティア・えがおの森メンバーの活動ブログです。This is the blog of Int'l volunteers in Egaonomorim Kurogi by Sansonjuku.


by egaonomori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

鴨さばき

遅くなりましたが、
先日24日・25日は【鴨さばき】の日でした。

f0187336_2004394.jpg


人は、物を食べずして生きてはいけません。

だからこそ、こういったイベントを通じて、
【「食べる」とは何か】を考えることは大切だと思います。

生きるものを、頂く。
いのちを、頂く。

このイベントで気分が悪くなってしまった人もいましたが、
それぞれ、何かを得てくれたものと期待しています。

ちなみに、リーダー佐藤は、
日々の何気ない食生活の中でも、
「いのち」を意識するようになりました。

植物の命、魚の命、鳥の命。。。

それらを粗末に扱わず、すべて食べきる。

そんな誓いをした、
【鴨さばき】イベントでした。

それでは。
[PR]
by egaonomori | 2009-10-27 20:04 | 里山80日

炭焼き・枝打ち

17日・18日は、山村塾のイベントに参加しました。

17日(土)は『炭焼き』、18日(日)は『枝打ち』でした。

炭焼きでは、山林コースを担当されている農林業家の方が
所有している炭窯へ行き、木炭を作りました。

完成までにはあと数日必要ですが、
よい炭を作るための仕込みをしました。

夜は、満天の星空のもとで、
焚き火を囲んでのバーベキュー^^

馬刺し、鶏、いのしし・・・・

今も思い出すだけでよだれが出てしまうくらい、
それくらいおいしかったです☆

f0187336_2157285.jpg




翌日の枝打ちでは、16年前(だったかな??)に風倒木被害をこうむった
敷地に植林されたケヤキなどの枝打ちをしました。

その様子はコチラ↓

f0187336_2147489.jpg

記録の方に、
『来年のポスターに使うから、いい顔して』といわれて撮ってもらいました。

が・・・

『これじゃぁあかんな』

といわれ、軽くへこみました;

と、とにかく、20数名のボランティアの力のおかげで、
ツタだらけになっていた森がきれいになりました!!

その森から見る青空がとてもまぶしく、
これまでに見た秋空の中で最もきれいに見えました。


2日間にわたるイベント、
どちらも思いっきり楽しめた80日ボランティアなのでした~

それでは。
[PR]
by egaonomori | 2009-10-18 21:59 | 里山80日

リーダー、回復!!

一時、メンタル面のスランプに陥っていた佐藤です。

今は、たくさんの人の支えのおかげで乗り越えることができました。

80日ボランティアのメンバー、
受け入れ団体の責任者の方、
自分の話を電話で聞いてくれた東京の農業大学に通う友人、
建設中の遊歩道を歩いている観光客の方、
森林セラピー中のみなさん。。。

そんな多くの人たちの存在と、
「お疲れ様」や「ありがとう」が、
ぐらぐらメンタル面が動いていた自分の力になりました。

一度メンタル面が落ち込んだことで、
初めて見えてきたことがありました。

それは「自分の周囲に敵はいない」ということ。

一見無関心だったり、自分に反感を抱いているように見える人でも、
敵ではまったくない、ということ。

自分を貶めようとしたり、足元を掬おうとする【敵】は、
身の回りにいない、ということがわかりました。

時には、自分に敵対しているのではないか、と思うこともあります。

でもそれは、違います。

相手が憎いから、ではないんですね。

あくまでも【その人にとってのベストを目指すからこそ、対立している】だけ。

自分も相手も、いいものを作りたい、と願うからこそ、
本気でぶつかるし、時に感情がこもった議論になってしまう。

そんなことを、心理面のどん底にいる時に、
気づくことができました。

あと45日程度を残す、80日里山ボランティア。

また苦しい、と感じることがあったら、
【ここ】に戻ってきたいと思います。

いつかまた、【ここ】で。

【ここ】から、また再出発です。
[PR]
by egaonomori | 2009-10-04 23:23 | 里山80日